So-net無料ブログ作成
釣り・高滝湖 ブログトップ
前の5件 | -

釣り場所に悩んで第八戦 [釣り・高滝湖]

本日は久しぶりに天候的に最高な釣り日和。
朝から晴れてほぼ無風状態。
これで釣れれば文句無しなんだけど、こういう時に限っていろいろとアクシデントが。

本日のタックルは、電動リールにD社先調子穂先26SSと26S。
オモリは4g下針付き。
仕掛けはS針・右手キツネ針2号・左手袖針2号。

1.jpg

まずはどこで釣りするか。
先週はDドームで痛い目に遭ったので今回はBドームからスタート。
釣れなくなったらB桟橋で釣り出来るし。

で、8時頃から釣り開始して9時までで11匹。(涙)
それ以降は壊滅状態。こりゃ厳しいなあ。
Bドーム内からも「朝から全然釣れない」と愚痴があちこちから聞こえてくる。
桟橋周辺でボート釣りしてるAさんからもメールで厳しい釣果情報が。

Bドームで釣りしてた人の一人が桟橋へ偵察がてら釣り糸を垂らすと、ポツポツとアタリの反応があったとか。
先週に続いて民族の大移動が発生。
ドームの半数くらいの釣り人が桟橋に移動。

2.jpg

う〜む  確かにドームよりアタリがある。
調子良く釣っていたらTKK事務所の方が来て桟橋の釣り代は別料金だとか。
ルールはちゃんと守らなくては。
桟橋釣り料金を払って正々堂々と釣り開始。
場所は桟橋に係留されてるボートの上。
ボート丸々占有出来るのでのんびり釣り出来ます♪

追伸 高滝湖のHPにお知らせとお願いということで、桟橋釣りについて記載がありました。↓
お願い!! 桟橋上の釣りですが、Dドームの右側だけになりますので宜しくお願い致します。
今回の桟橋釣りは特例処置だったようです。

3.jpg

最初二刀流で釣りしてたのですが、沈みロープに仕掛けを取られて途中から一刀流に。
向かいで釣りしてたご夫婦もこのロープに仕掛けを取られてる。
気が付いたら桟橋周辺はラッシュアワー。(笑)
沈みロープが左右に動くみたいで一刀流の仕掛けも1本ずつ針が無くなって最後は一番上の針と下針の2本だけになっちゃった。
でも撤収の15時まであと数十分。
新しい仕掛けに交換するのももったいないしでこのまま続行。
なんだかんだで少し挽回して家族で食べるのにちょうどイイ釣果になりました。(^^)b

4.jpg



本日の試行錯誤

原因は不明ですが、ドームより桟橋の方が確実に釣れてる。
来週も風が穏やかだったら桟橋の係留ボート上で釣りしようかなと。
但し、朝は寒いので9時か10時頃の釣り開始ということで。(根性無し)

それから仕掛けの針なんですが、ネットで調べたら目から鱗の情報が。
オイラが使ってるのは150円台のリーズナブルなワカサギ仕掛け。
上を見ると200円台・300円台といろいろな上位の仕掛けが存在してる。
ちょっと気になって調べてみたら、金銭的な差は針にありました。
幹糸や枝すの糸の差は数十センチで微々たる金額。
オイラが使ってる仕掛けはメッキ加工のみの鉄の針。
高い仕掛けの針はフッ素コーティング加工されているのでツルツル。
摩擦抵抗の減少と貫通力に優れ、触れただけで針がかりするとか。
某メーカーの自社比較で数十パーセントの釣果の差が出ているそうです。
針の大きやエダスの長さよりこっちの方が影響大かも。

で、オイラの持ってる仕掛けの数をチェックしたら・・・
150円台の袖針とキツネ針の仕掛けがそれぞれ20セットくらいある。
これって、今シーズンどころか来シーズンもヘタすれば使い切れなくて余ってしまう数じゃん!?(号泣)
2020年のオリンピックの年のワカサギシーズンにはコーティングされてる仕掛けでトライ出来ると思います。
長〜〜〜い目で見てやってくださいませ。m(__)m



てなわけで、本日の晩餐風景です。

ワカサギは塩で揉んでウロコを落としながら洗って水切りしてかみさんにバトンタッチ。
佃煮にしてもらいました。
油を使わないと楽みたいで下処理をしておけばかみさんが料理してくれます。(感謝)
あとは冷蔵庫の残り物つまみに定番のホッピーを♪

5.jpg

次回は、50匹以上釣れたらかき揚げにして卵で綴じて天丼で食べたいと次男君のリクエストが。
はい 頑張ります♪




nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

新年釣り始めで第七戦 [釣り・高滝湖]

TKKの皆様、ドームでご一緒した皆様、明けましておめでとうございます。
本年もよろしくお願い致します。m(__)m

てなわけで新年最初の釣行です。
で、最初に書いておきますが。
本日の釣行記録は参考になりません。
時間的にお忙しい方は今回のブログはスルーすることをオススメ致します。
お暇な方と何でもイイから活字に飢えてるという方はご覧下さい。
但し、クレーム無しでお願い致します。

本日はとても釣り向きの天気ではなかったのですが、火曜日しか休めないオイラは選択の余地が無くて高滝湖へいざ出陣♪
本日も桟橋周辺に釣り人が集中してました。
ってか、強風注意報が出ていたので当然だったのですが。

さて、どこで釣りしようかと考えたのですが。
風の影響が一番少ないのは湾奧のBドーム。
でも一番釣れそうなのは湖に一番近いDドーム。
Cドームは中間的な存在なんだけど最近人気が高まって結構混んでいるのです。
風が強くなるのはお昼頃からだと勝手に判断して午前中はDドームでお昼からBドームに移動するという作戦にしました。
この作戦が悲惨な結果になろうとは・・・(苦笑)

てなわけで、Dドーム奧から3番目の東側に釣り座を開設。
後で気づいたのですが、画像で見るとわかるようにすでにDドームは斜めってる。
これに気づけば最初からBドームで釣りしてたのに。

1.jpg

隣の方に状況を聞いてみたら、朝マズメ時を過ぎたら釣れなくなってきたとか。ありゃま!?
朝8時頃から釣行開始だとよくある話なのでそんなにショックを受けてはいませんが。
Dドームだし午前中一杯釣りしてれば片手はいくだろうと思ってたらなんと10匹ちょいの釣果(涙)

スタート時の仕掛けは。
電動リールに、D社先調子26Sと26SS。
右手キツネ針2号・左手袖針2号。
オモリは4g下針付き。
ドームがかなり動いているので10センチほど底を切って脈釣り。

途中から風が強くなってきたので左手の穂先を26SSから32Mに変更。
オモリも4gから1.5号下針無しに変更。
これでもドームがかなり動いて仕掛けが斜めになってしまう。
お昼頃、波が立ってきてちょっとヤバイ状態に。
Dドームで釣りしてた人がBとCを偵察に行ってきて、Cドームが一番釣れてるとの情報。
民族の大移動がスタート。
Dドームは無人と化しました。(^_^;)

もたもたしてるうちにCドームが満員御礼状態に。
必然的にオイラはBドームへ。

2.jpg

お隣さんに状況を聞いたら、午前中は釣れてたけどお昼過ぎたら釣れなくなってしまったとか。
でもって、ドーム内は漂流物のゴミがいっぱいで釣りにならない状態。
ところがB桟橋はそこそこ釣れてる。
オイラもドームに荷物を置いて桟橋へ。
ボートの隙間から仕掛けを落としたら、ドームより桟橋の方が1.5メートルくらい深くてビックリ!?
でもって、ポツポツとアタリが♪
最初からBドームで釣りしてお昼からB桟橋で釣りしてたらそこそこの釣果が上がってたはずなのに欲をかいたばかりに悲惨な釣果に。(自己嫌悪)

てなわけで、今シーズン最低釣果になってしまいました。(苦笑)



本日の試行錯誤

強風警報が出ている時はDドームは絶対利用してはいけない。
Dドーム自体ものすごく流されてるしゴミはたくさん流れてくるし波しぶきがすごい。
Cドームは風に強いし釣り座が高い分、波しぶきも上がってこない。
Bドームは風の影響は一番少ないが漂流物は流れくる。
強風警報が出てる時、BとCどちらを選択するか悩むところですが最近の実績だとCドームが釣れてるような。
でもオイラはBドームの桟橋近く(入り口側)を選ぶかも。
Cドームは気軽に水くみが出来ないのと上から水滴が落ちてくるのがイヤで。
あくまでもオイラ個人の意見です。

今シーズンの高滝湖のパターンは独特ですね。
いつまで桟橋周辺で釣れることやら。



てなわけで、本日の晩酌風景です。

3.jpg

小海老の唐揚げとワカサギは甘露煮に。
甘露煮はかみさんが作ってくれました。
骨が気にならなくて美味しかったです。
お酒は正月の残り物のお屠蘇。
前日から日本酒に漬け込んでいました。
なんか身体に良さそうな気がして。
って、飲まないのが一番身体にイイのはわかっているのですが、そうもいかなくて。(^_^;)




nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

釣り納めで第六戦 [釣り・高滝湖]

今年も本日を含めてあと6日。
来週の月曜日には新年を迎えてしまいます。
ふり返るとあっという間の2017年だったような。
てなわけで、本日は釣り納め。
それなりに納得出来る釣り納めになればと思っているのですが、どうなることやら。

1.jpg

ここのところ桟橋周辺やドームで連日爆釣ということで満員御礼状態。
Dドームが一番釣れそうなんだけど、お昼から風が出てきそうなのでBドームをチョイス。
東側一番奥が空いてました。

2.jpg

本日のタックルの紹介です。
仕掛けはリーズナブルなS針の「ワカサギ五本針二組」袖針2号。
穂先は右手(利き手)D社先調子26S・左手V工房胴調子28R。
オモリはナス型1.5号(下針無し)
延長アダプターは使用せずアンダーガイド角度変換アダプターのみ使用。
エサは紅サシの1本そのまま付け(食いが立ってるようなので細い部分(アタマ)の切り込み無し)。

延長アダプターは穂先本来の性能がよくわからなくなるので納得するまでお蔵入りしてます。
胴調子の穂先に延長アダプターを付けると先調子っぽくなっちゃうんよ。(^_^;)

8時に釣り開始。
最初のうちは順調だったのだけど今一つ乗りが悪い。
東側よりも西側の方が釣れてるような。
西側入り口近くに移動してみることに。
でもってオモリを4g(下針付き)にチェンジ。
10時までは時速20匹ペース、10〜12時までは時速10匹ペース。
それ以降は悲惨な状態に。

3.jpg

14時からのラストスパートを期待してエサを一新して望んだのに・・・
風が強くなってきて、群れは来ないで流木ならぬ流竹がドームの下から入り込んできて仕掛けが絡まってしまった。
持ち上げようとしたのだけど竹が長くてドームの下から出てこない。
結局仕掛け回収は不可能ということで一刀流で勝負。
でもラストスパートも無く15時に終了。


本日の試行錯誤
今回はV工房の胴調子穂先28R(適正負荷1〜6g+α)とD社の先調子穂先26S(適正負荷1〜5g)の比較でしたが、アタリはD社先調子の勝ち。向こう合わせで釣れたのはV工房の胴調子の勝ち。
やはりアタリがわかるのと釣れるのは一致しないことがよくわかりました。

食い渋ってくると針は1.5号の方が釣れますね。
今回は2号針で紅サシ1本付けでスタート。
朝のうちはこれでも釣れてたけど、午後からは全然ダメ。
さすがにエサを半分にカットしましたが、仕掛けはまだ使えるからもったいないと2号針のまま交換せずに使ってました。(^_^;)

今までの比較では食いが立ってる場合はあてはまるけど、食い渋ってきたらどうなるか・・・
針がかりしやすいようにキツネ針で一回り小さい針にして先調子の穂先で小さなアタリを拾うのがセオリーみたいだけど、オモリは軽くするのか、重くするのか、悩むところです。
エダスの長さも影響してきそうだし・・・
来年2月頃の課題ですかねえ。悩むのも楽しみの一つだったりして。(^^)b


てなわけで、本日の晩餐です。

4.jpg

頂き物のリッチなビールにワカサギの唐揚げに煮物。
先週は200匹のワカサギを揚げたので大変でしたが、100匹以下が楽に料理出来てそこそこ食べられるのでちょうどイイかなと。
半分は明日南蛮漬けに。って、最近はこればっかりです。
佃煮か甘露煮に挑戦したいのだけど時間的に難しそう。
18時までにキッチンをかみさんに明け渡さなくてはならないのです。
ウロコ1つ残さずきれいにして。(^_^;)



追伸

TKKの皆様、ドームでご一緒した皆様、つたない文章のブログを読んでくださる読者の皆様、本年はいろいろとお世話になりました。
良い正月を迎えてください。
そして、来年もよろしくお願い致します。m(__)m





nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

試行錯誤で第五戦 [釣り・高滝湖]

本日の天気予報はお昼頃から西南西の風が強く吹くとか。
本来だったら風の影響が少ないBドームをチョイスするのだけど、試してみたくておニューのCドームへ。
ここでは初釣行です。
朝の桟橋は霜が降りてるので滑りやすいです。ご注意を。

1.jpg

出来たばかりだから室内はとてもキレイ。
一番奥の西側に釣り座を設営。
前方にもスペースがあるので釣り座周りがスッキリ♪

2.jpg

下を覗いたらなんと巨大な発泡スチロールの上にドームが乗ってる。
これだったら強風でも下から水しぶきが吹き上がってくることはないから安心かも。
でも、水面から釣り座まで1メートル強。
水槽に水を汲めないないじゃん!と思ったら、入り口の脇に柄の長い柄杓が用意してありました。

3.jpg

で、本日の仕掛けの紹介ですが。
今週も左右とも同じ仕掛けに同じオモリ。
S社の「袖針二組セット」。
袖針1.5号5本針・ハリス0.3号・幹糸0.5号・枝2.5cm・枝間12cm・全長72cm。
オモリ・ナス型1.5号(下針無し)。
S社製アンダーガイド角度アダプター・延長アダプター無し。
穂先・右手(利き手):D社先調子26SS  左手:D社先調子26S。

前回の反省からバレにくい袖針をチョイス。
でもって、いつもコメントやメールを頂いてるあきさんからの助言で1.5号の針に。
これが大正解♪
4〜7センチの小さいワカサギばかり釣れるんですよ。
あきさん ありがとうございます。m(__)m

朝8時に釣り開始。
右手の仕掛けをセットして紅サシを1本付けしてカットしないまま投入して、左手の仕掛けを準備しようとしたらアタリが連発。
30分後に左手の仕掛けをセットしてやっと二刀流に。ふうっ!
二刀流にしてから紅サシをカットしようと思ったけどバンバン釣れるのでそのまま続行。

4.jpg

8時から9時まで、時速45匹ペース。
9時過ぎれば落ち着くだろうと思ってたら10時までに90匹越え。
こりゃ久しぶりに束越え出来るかも♪
ドーム釣果情報が伝わったのかボートが桟橋周りに集まってきた。
岸辺寄りの方が釣れてるような。これもあきさんの予想どおり。

10時以降は時速20匹くらいにペースが落ちてきた。
天気予報通り11時頃から西南西の強風で釣り規制のアナウンス。
風速10メートルは結構揺れますねえ。
C-1ロープ先のオブジェが左に見えたり斜め前方に見えたりとドームがかなり移動してる。

ボート組は風を避けるためにA桟橋とB桟橋周辺に大移動。
そこそこ釣れてるみたい。

13時までに150匹越え。
その後はピタッとアタリが途絶えた。
ちょいと一休み。
足が伸ばせるのは楽ちん♪
釣れなくてウトウトしてたら目の前にボートが着岸していてビックリ!?

5.jpg

このまま終わりかと思ってたら13時半過ぎから大きな個体の群れ(7〜10センチ)が入ってきた。
飲み込まれなかったけど完全に針が口の中。
針は引っ張れば外れるのだけど紅サシが口の中に残ったまま。
さすがに紅サシの唐揚げは食べたくありませんからねえ、ピンセットで取り出すのに手間がかかって釣果がペースダウン。
2号針仕掛けに交換すれば解決するのだけど残り1時間で交換するのはもったいない。
てなわけで、1.5号針仕掛けのまま釣り続行。

14時から15時までのラストスパート。
なんだかんだで200匹越えました。今シーズンの新記録。

6.jpg


本日の試行錯誤

Cドーム。
今回初めて釣行してみましたが、新しいだけあってキレイです。
長所は、前方にもスペースがあるので釣り座周りがゆったり。
足も伸ばせるので楽ちん♪
釣り座が高いので強風でも下から水しぶきが吹き上がってこない。
短所は、釣り座が高いため気軽に手や釣り道具を水で洗えない。
左右同時にアタリがあると道糸が長く出ているので絡みやすい。
巻き上げてる時に左右に揺れて針がドーム下の台座に引っかかりやすい。
朝のうちは天井から水滴が落ちてくる。天井の傾斜の影響か?
オイラ的にはBドームやDドームの方が合ってるかも。

紅サシ。
ほんとは細い部分(アタマ)をカットした方が集魚効果があるのだけど、今回は食いが立っていたのでカットしなくても充分釣れた。
カットしない分、持ちが良くて紅サシは20匹くらいしか使ってない。
皮だけになってるエサにも食ってきた。
今回は特別だったのかも。

穂先。
前回は先調子26SSSと26SSの比較で26SSとオモリ1.5号の相性が良かったのが判明。
今回の先調子26SSと26Sでは若干26Sが良かったような。
オモリ負荷が26SSは0.5〜3g・26Sが1〜5g。
26Sの方がオモリ1.5号(5.6g)とオモリ適正値が近いせいか?

次回はもう一度V工房の胴調子の穂先に戻して袖針仕掛けとオモリ1.5号で試してみます。
オモリ適正値が1〜6gでバランスが良さそうなんですよ。


本日の晩酌風景

7.jpg

日本酒と紹興酒のブレンドにワカサギの唐揚げと残り物のサラダ。
ワカサギ、5回くらいに分けて揚げたので唐揚げにするだけで精一杯。
明日は南蛮漬けを作ります。
今度、佃煮にも挑戦してみようかなと。




nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:地域

試行錯誤で第四戦 [釣り・高滝湖]

本日は強風のため沖に出るのは禁止ということでC-1ロープは満員御礼。
Dドームはすでに中央から先は一杯みたいで入り口付近しか空いてなさそう。
Cドームは余裕があったのだけど、西南西の風ということで一番安全なBドームへ。
誰もいなくて西側一番奥をゲット出来ました。(^^)b

1.jpg

今週も左右とも同じ仕掛けに同じオモリ。
S社の「ワカサギドーム60」。
キツネ針2号5本針・ハリス0.4号・幹糸0.6号・枝2cm・枝間10cm・全長60cm。
オモリ・ナス型1.5号(下針無し)。
S社製アンダーガイド角度アダプター・今回は延長アダプター無し。
穂先・右手(利き手):D社先調子26SSS  左手:D社先調子26SS。

2.jpg

強風ということでオモリは重めに、ボートと違いドームはそんなに揺れないだろうと柔らかい穂先をチョイス。
ダメだったら硬めのMとSに交換することに。
仕掛けはキツネ針で枝が短いので早合わせ出来るように延長アダプター無しにしてみました。

8時釣り開始。
風の影響でドームが前後に動いている。
底をギリギリ切っているのだけど±10cmくらい水深が変わるので微調整しながら誘いをかける。

釣り始め8〜9時の釣果は17匹。
う〜ん 予想してたけど厳しいなあ。
9時過ぎたらさらに釣果が落ちる。

群れ自体は食い気があるので、来ればダブルやトリプルもあるのだけど肝心の群れが来る回数がメチャ少ない。
集中力を維持出来るほどは来ないしボ〜ッとしてるほどヒマでもないという、ダラダラとドヨ〜ンとした中途半端な釣れ具合。なんだかなあ。

11時過ぎた頃に強風規制解除。
ボートが一斉に沖に出て行きました。
期待してた14時過ぎのラストスパートも無いまま15時終了。
オイカワさんは一匹だけであとは全部ワカサギ。
結局、先週とたいして変わらない釣果になりました。

3.jpg


本日の試行錯誤。

久しぶりに延長アダプターをはずしてみたのですが、仕掛けも短いせいか小回りが効いて使い勝手が良かったです。
それと意外な発見が。
1.5号のオモリと先調子26SSの相性がイイのです。
右手(利き手)の26SSSより左手の26SSの方が3:2くらいの割合で多く釣れたんですよ。
試しに左右交換しても26SSの方があきらかに釣れました。
本日の環境に対して穂先とオモリのバランスが良かったんですかねえ。

針は食い気がある時は袖針の方が良さそう。
今回は両手ともキツネ針仕掛けでしたがバラシが先週よりも多かったような。
早合わせで針がかりは良好だったので余計にバラシが多く感じました。



てなわけで、晩酌風景です。

4.jpg

頂き物のビールにワカサギ唐揚げ・ポトフ・山芋の千切り。
本日のワカサギは10センチ台はゼロ。
7センチ前後ばかりなのでスナック感覚でサクサク食べれました。美味し!

次回は、リニューアルしたCドームで試し釣りしてみようかなと。
釣り座が桟橋より一段高くなってるので釣り方がちょっと違ってきそうな感じが。
水面まで距離があるので水槽の水くみはどうするんだろか?
新しい発見もあるかもということで期待してます。(^^)b




nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:地域
前の5件 | - 釣り・高滝湖 ブログトップ