So-net無料ブログ作成
釣り・仕掛け・道具 ブログトップ
前の5件 | -

ワカサギ釣り・試行錯誤顛末記 [釣り・仕掛け・道具]

高滝湖のワカサギ釣り、今シーズンも3月末で終了しました。
毎年試行錯誤を繰り返して徐々に釣りスタイルが固まりつつあります。
良くも悪くも。(^_^;)
で、今回のブログではその試行錯誤した事を書き留めておこうかなと。一杯やりながら。
てなわけで、例によって文章的に???になるかと思いますがご勘弁を。
てもって、オイラの釣果を伴わない独断と偏見に満ちた釣り感なのであくまでも参考程度に読んでやって下さいませ。m(__)m


●電動リール。

1.jpg

オイラが使用しているのは、前々シーズンに購入したD社のCR-PTと前シーズンに購入したCR-PTⅡ。
どちらもデジタル的に10センチ単位で船べり停止機能が設定出来るのですが、巻き上げボタンを押したままで穂先がクルッと巻き込んでしまったりと初歩的なミスが勃発するので、ビーズを付けてアナログ的に強制的にスイッチ停止するようにしました。
これで心置きなく興奮してスイッチを押したままでも停止します。(^^)v
ビーズ。ワカサギがかかっても冷静に対処出来る方には不必要ですが、そそっかしいオイラには必需品。
かなり使い勝手が向上しました。(^^)b


●延長アダプターとアンダーガイド用角度変換アダプター。

2.jpg

まずはS社延長アダプターEA15。
実質的に約13.5センチ長くなります。
面白いのは胴調子の穂先に延長アダプターを装着すると先調子になっちゃう。
先調子の穂先に使用すると超先調子の穂先に。当たり前ですが。(^_^;)
良い悪いは別として穂先の調子がかなり変化します。
それと穂先が長くなるので釣り座正面が広く使えます。

次はS社アンダーガイド用角度変換アダプターKC-020P。
オイラの好みですが、アンダーガイドの方が落とし込みや巻き上げがスムーズのような気がして。
角度は15〜20度くらいに設定しています。アタリがわかりやすいです。
これもオイラの好みなので参考までに。


●オモリ。

3.jpg

前シーズン〜前々シーズンと一番悩んだのがオモリ。
軽いガン玉から重いオモリまでいろいろ使って悩みました。
でも、今シーズンはなんだかんだで高負荷重に決定。
中層狙いの時は、ナス型の1号と1.5号オモリ(下針無し)
群れが底に固まりだした時は4gと1.5号のオモリ(下針付き)
風が弱い時は1号か4g、風が強い時は1.5号。

好みですがオモリは軽い派と重い派にハッキリ分かれるような。
軽いとアタリはわかりやすいけど乗りにくい。
重いと乗りやすいけどアタリがわかりづらい。
で、そこそこアタリがわかってそこそこ乗って釣れるというオモリを選ぶわけですが、こればかりはその人の好みでいろいろ。
オイラの場合、腕が伴っていないので釣った魚だけでは貧果に。
向こう合わせで釣れてくる魚も大歓迎しないとつまみにならないのです。(自爆)
てなわけで、オイラが選んだのが上記のオモリ。
オイラ的にそこそこアタリがわかってそこそこ釣れる重さのオモリです。


●穂先

5.jpg

今シーズンメインに使ったのはV公魚工房の胴調子VAR-28RとD社先調子の26SSと26S。
昨年まで中層狙いで使っていたのが胴調子。
年が明けて底狙いで使っていたのが先調子。
今シーズンはオモリ1号〜4g〜1.5号がメインだったのでこの重さに適した穂先をチョイス。
先調子のMとSSSはほとんど使いませんでした。
以前はオモリと穂先のバランスを考えていなかったのでいろんな組み合わせを考えてかなり悩みましたけど。
でも来シーズンは開幕当初から先調子の穂先を使うかも。
オイラ的に先調子の穂先の方が合ってるような気がするんですよ。


●仕掛け

4.jpg

最初に書いておきます。
仕掛けは酔っ払って買わないように。絶対後悔します。

画像、今シーズン終了後に残った仕掛け。
2号針の袖と狐仕掛けだけ画像アップしましたが、他に1.5号と1号の仕掛けも残ってます。
次期シーズンでも使い切れなくて余ってしまうかも。(汗)
なぜこんなに在庫を抱えてしまったのか過去のブログを読んだら原因が判明。
自宅飲みしながら酔っ払ってネットでクリックしたり、東京で飲んだ帰りに釣り具屋に寄って大人買いしたりと。
リーズナブルな値段オンリーで大量購入してしまいました。(自爆)
上記の仕掛けも以前から使用していて使いやすいのですが、各社から工夫を凝らして発売されてる仕掛けをいろいろ使ってみたくて。
エダスの長さの違いも比較してみたいし、フッ素コーティングされてる針がどれだけ針がかりしやすいか試してみたいし。
来シーズンは無理ですが東京オリンピックの年にはいろいろな仕掛けを試せるかなと期待。(^^)b

てなわけで、酔っ払いながらいろいろと書いてみました。
最後にも書きますが、オイラの独断と偏見で書いていますのであくまでも参考程度に読んでやってくださいませ。
読みにくい文章がありましたらごめんなさい。m(__)m




nice!(0)  コメント(4) 
共通テーマ:地域

準備は万全・・・だったのに・・・ [釣り・仕掛け・道具]

いよいよワカサギ釣り初戦♪
11月いっぱいはボート釣りということで釣り座をボート仕様で準備(写真上)。

ところが・・・

天気予報によると、明け方弱雨が残ってるとか。
急遽釣り座をドーム仕様にチェンジして荷物の入れ替え(写真下)。

1.jpg

当日朝の5時。
家を出ようとしたらザーザー降り!
弱雨どころか強雨じゃん!?
「残念ながら中止」ということで二度寝して朝8時過ぎに起きたら雨が止んでた。クッ!
降るなら一日中降ってくれれば諦めもつくのになあ。(苦笑)

てなわけで、憂さ晴らしと昼食を兼ねて昼飲みへ。

正統な焼き鳥が食べたくなってやってきたのは船橋。
まずは鮒忠船橋店へ。

1.jpg

おまかせ串五本とキャベツ盛り合わせ。
相変わらず串1本が大きい。
1本で2本分の量があるのでこれだけで瓶ビール2本飲めちゃいました♪

外に出たら雨が。
二軒目は船橋勤務時代に昼飯とアフターファイブでお世話になったフェイスビルの応援酒場。
肌寒かったのでおでんつまみに黒ホッピーを。(^^)b

2.jpg

仕上げは日本酒で。
福井は花垣という純米無濾過生原酒。
つまみはタコの唐揚げと肉豆腐の卵とじ。
最近、タコに凝ってるのです。
原酒は18度あるのでチビチビと。美味し♪

3.jpg

ちょいと飲み過ぎましたが、ワカサギ釣りが出来なかった憂さ晴らしになりました。
来週こそは釣りが出来たらイイかなと。
乞うご期待♪





nice!(0)  コメント(21) 
共通テーマ:地域

ハシゴ [釣り・仕掛け・道具]

本日は渋谷に出没。
高滝湖の釣果情報によると、今シーズンのワカサギはかなり小さそう。
持ってる仕掛けは1.5号と2号針ばかり。
てなわけで、昼飲みを兼ねて1号針仕掛けの買い出しにやってきました。
釣り仲間の健さんの情報によると、渋谷にはサンスイの川釣り館という釣具店もあるとか。
ネットで検索したら渋谷駅周辺で釣具店が三軒ヒット。
こりゃ釣具店のハシゴだ♪

1.jpg

店内は撮影禁止っぽいのでお店の看板だけ。(^_^;)
J屋渋谷店の品揃えはさすがですね。一区画全部がワカサギコーナーになっていました。
いろいろ悩んで仕掛けとオモリを購入。
次はTべリー。
ワカサギ関連では特に買う物もなくて早々と退散。
最後はS川釣り館。
ワカサギコーナーがあって、J屋と微妙に品揃えが違っていて仕掛けを2種類ほど購入。
入り口近くにワカサギ仕掛けの旧型や製造終了製品の特売コーナーがありました。
2〜2.5号仕掛けが100円ちょい。
う〜ん、今シーズンには大き過ぎるので残念ながらパス。

釣り具屋のハシゴの後は錦糸町に移動して昼飲みタイム。
先に飲んでから釣り具屋に行くと気が大きくなって大量購入しちゃうので最後に飲むことにしました。

2.jpg

ハイボールと生ビールが一杯199円の九州料理のお店へ。
お通しは辛子明太子の三種盛り。明太子にもいろんな種類があるんですね。(^^)b
つまみは揚げ立ての辛子蓮根にタルタルソース・紅生姜・野沢菜漬けを乗せた鶏の唐揚げ。
辛子明太子を食べながらの揚げ立て辛子蓮根はメチャ辛かったです。ヒ〜〜〜ッ!

で、本日のお買い上げ品。

3.jpg

ワカサギのサイズが小さいので仕掛け1号針の小さいのをチョイス。
以前にも書いたと思いますが、メーカーによって針の大きさがバラバラ。
下の画像を見てください。

5.jpg

袖針の1号をチョイスしたのですが、左からK社0.3号・G社1号・S社1.5号針の仕掛け。
ところが針の大きさはほとんど同じ大きさなんですよ。
1.5号と2号針の大きさは把握しているのでネット購入しているのですが、1号針はわからなかったので実際に目で見て買うことにしたのですが、ここまでメーカーによって大きさが違うとはびっくりしました。
特にK社の針。0.3号表示でG社やD社の1号とほぼ同じ。
ちなみにK社の下針用キツネ1.5号を昨年買いましたが、G社やD社のキツネ針2号より大きかったです。

それと、おもしろい企画の仕掛けをゲット。
5gのロングオモリ付き3本針仕掛け2セット入りパック。
仕掛け1セット分の値段で2セット+オモリ付きはリーズナブル。
シーズン後半でワカサギが底に固まりだしたら、仕掛けの上半分の針をカットして使っているので3本針はちょうどイイかなと♪
下針付きオモリを搭載して使います。(^^)b

最後は悩みに悩んでチョイスしたオモリ。

4.jpg

昨年・一昨年も悩みながら使っていたのがオモリ。
軽い方がアタリがわかりやすくなるけど針がかりが悪くなる。
重いとアタリはわかりにくくなるけど針がかりが良くなる。
要するに、軽いオモリは釣らないと釣れない。
重いオモリだと向こうから勝手に釣れてくれるワカサギもいる。
今シーズンは高負荷オモリ釣法の予定が、型が小さいので軽量オモリで行こうと思ったのに釣具店で急遽変更。
オモリ付き仕掛けを見たらほとんどが2号前後のオモリが搭載されていたんですよ。
重いのは3号オモリが付いている仕掛けもありました。
てなわけで、最初の予定通り高負荷オモリ釣法でいくことにしてオモリをチョイスしてきました。

下針ハリス止め付きの満点オモリの1・1.5号。
本数が入っていて値段も安いです。
そして4g・6gのロングタイプ六面オモリ。
こちらはハリス止めが引っ掛けるタイプなので、オイラみたいにガチャ目乱視老眼でも輪っかに糸をくぐらせないで済むので目に優しいので割高でも購入しました。(^^)b

高負荷オモリ釣法の穂先もあったのですが、まずは今シーズンいっぱい高負荷オモリで試してみてから購入の方は再度検討することにしました。

てなわけで、来週からワカサギ釣りスタートの予定です。
開幕戦の予定タックルは、D社電動リールの二刀流。
穂先はV工房のワークスリミテッド胴調子28R。
オモリはナス型1号・下針無し。(今より棚が深くなるようだったら1.5号に変更するかも)
仕掛けは右手キツネ針1号仕掛け・左手は袖針1号仕掛け。
釣行時間は諸事情がありまして、朝8時頃〜午後3時頃まで。

今年も釣りスタイルが定まっていなくて試行錯誤しながらの釣行ですが、よろしければ読んでやってくださいませ。m(__)m




nice!(0)  コメント(10) 
共通テーマ:地域

ワカサギ釣り開幕前に [釣り・仕掛け・道具]

読者の皆様、毎度ご無沙汰してます。
またまた久しぶりのブログアップです。

今回は某100均ショップでネイルマニキュアを買ってきました。
買うのにちょっと勇気が要りましたが。(爆)
あ 自分の爪を赤く塗るとかオネエ系の新しい性に目覚めた訳ではありません。念のため。

1.jpg

実はワカサギ竿の穂先を赤く塗ってみようと思いまして。
高滝湖のドーム釣りでは東側に向かって釣り座を構えることが多いんですよ。
D社の穂先を多用してるのですが、穂先が黄色なので朝は日差しに溶け込んでちょっと見にくいと以前から思ってたんです。

3.jpg

写真の一番左はV工房で2〜5番目がD社。一番右がP社。
V工房の穂先がとても見やすいので他社の穂先も赤く塗ってみようということでマニキュアを買ってみたのです。
で、わずか数ミリしか塗らないから一番安いので充分。
調べたら某100均ショップにあったという次第で。(^^)v

まずは付箋で穂先の裏表をマスキング。
二度塗りしてみました。

4.jpg

上がD社で下がP社。
D社は下地が黄色だったので結構キレイに仕上がったのですが、P社は下地が黒だったので今一つの出来映え。

塗る前と後を比較。
ガイドまで塗ったらかなり見やすくなりました♪
やっぱり黄色より赤の方が見やすいです。

5.jpg

日を置いて3度塗りしてみます。
あとは自分の腕を磨くだけですなんですが、それが一番問題で。(自爆)


話は変わりますが、S社とD社から新しい電動リールが発売されましたね。
オイラは2台持ってるので湖の底に沈まない限り買いませんが。

S社はスタイルも一新。
完璧に別物ですね。軽くて持ちやすそう。
省エネ性能や耐久性も大幅にアップしているとか。

10.jpg

D社も外部電源化してさらに軽量アップ。
追い食い巻き上げや名人誘いなる新機能も追加。
これで獲物がかかった時に自動巻き上げ機能まで付いたら完璧!
って、これじゃ自分で釣ったと言えなくなっちゃいますよね。(汗)

11.jpg

もし、オイラが買うとしたらどちらを買うか。
答えは、両方買います。(笑)
シチュエーション的には右手(利き手)にS社・左手にD社。
右手は自力で誘いをかけて、左手は自動誘い機能にセット。
右手と左手で勝負するのも面白いかなと♪
って、あくまでも妄想です。(おバカ)




nice!(0)  コメント(6) 
共通テーマ:地域

先週に続いて今週も・・・ [釣り・仕掛け・道具]

またまた天気に恵まれなくて釣り中止。
さすがに2週連続で釣りに行けないと禁断症状が。
こういう時は釣り道具の整理をすると気が紛れるのですが、禁断症状に追い打ちをかけるような出来事が・・・

ワカサギシーズン後半になると仕掛けとかの消耗品が不足してくるんですよ。
で、ネットで安いのが見つかるとまとめ買いしてるのだけど、今回は注文した商品が今日までに全部届いてしまって。
並べてみたらなかなか圧巻な画像。(苦笑)

これって、美味しそうな料理やお酒が目の前に並べられているのに一口もありつけないのと同じじゃん!
よだればかり出てきて胃が痛くなりそう。(涙)

1.jpg

おまけにTKK釣果情報を見るとなかなかの釣果。
3月のドームで200越えは記録的ですよね。
多点掛けでも釣れてるようだし。
まるでシーズン前半の釣果のよう。

てなわけで、気を紛らわすために届いた商品をいじくり回し始めました。
で、気が付いたことが。
メーカーによって針の大きさがかなり違うんですね。
はっきり分かる画像を。

2.jpg

ちょっと画像がボケていてすみません。
向かって左が60センチ5本針仕掛け狐2号針。右がオモリ下針用の枝チチワ付き狐1.5号針。
針の大きさがほとんど同じなんですよ。
メーカーによって微妙に大きさや形状が違うのは知ってましたが、号数が違うのにほぼ同じ大きさとはびっくり。
この下針は2号として使うことにしました。

次は先週酔っ払った勢いでポチっとクリックして購入してしまった穂先(それも2本まとめて)の紹介。
って、オイラの下手な文章よりメーカーサイトを一読して頂いた方がわかりやすいかも。
VARIVAS公魚工房様、ちょっと紹介させて頂きます。m(__)m

[VARIVAS]公魚工房 ワカサギ穂先[ワークスリミテッド]のサイトです↓
http://www.varivas.co.jp/Product/searchgroup/name:%E5%85%AC%E9%AD%9A%E5%B7%A5%E6%88%BF+%E3%83%AF%E3%82%AB%E3%82%B5%E3%82%AE%E7%A9%82%E5%85%88%EF%BC%BB%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%9F%E3%83%86%E3%83%83%E3%83%89%EF%BC%BD/type:/view3:2/id:4465

このシリーズ、ちまたの個人ブログでも評判が良くて以前から注目してたんです。
胴調子2種と先調子2種の計4種類。
現在は「高負荷重」という新しいシリーズ(2種類)が出ていますが、通常のオモリ負荷で釣りしてるのでこちらのシリーズをチョイス。
胴調子の穂先が欲しかったので28R(28センチ胴調子スタンダード(オモリ1〜6g+α))を購入。
フルハンドメイドということですが、最初の感想は細部に渡って塗装や造りが綺麗で丁寧ということ。
先端なんかガイドまで塗装されていて微細な振動もわかりそう♪

4.jpg

TKKではドーム釣りメイン。
風の影響を避けるために東側に釣り座を構えることが多いのですが、朝は太陽の光がまぶしいのでガイドまで塗装されてるとかなり見やすいかも。
来シーズンまでにウキ用の赤い蛍光塗料を買って、持ってる穂先全部の先端を赤く塗ってみようかなと。

次は曲がり具合をチェック。
ケースから出して触ってみたらかなり薄いのにビックリ。
でもって薄いのに腰があるのにさらにビックリ。

5.jpg

こちらの画像もアングル的にわかりにくくてすみません。
同じスタンダード的な穂先ということで、D社先調子26センチS(オモリ1〜5g)と比較してみました。
どちらもオモリ4g負荷。
このオモリ4gというのはオイラの好みです。重からず軽からずで誘いやすくて合わせやすいしそこそこの強風でも棚が取れるんです。あくまでもオイラの好みですよ。

D社は26センチ・V工房は28センチ。
長さを合わせるためにV工房の穂先を2センチ後方に置いて比較してみました。
先端が赤い方がV工房の穂先です。ほんとにわかりにくくてすみません。
やっぱり赤い方が断然見やすいですね♪

穂先を上下に軽く揺すってみたのですが、どちらも先端から4番目のガイドまで揺れていました。
ほとんど差は感じられません。
次に、手でさらに10センチくらいオモリを下げてみると鮮明に先調子と胴調子の差が出てきました。

オイラ的な使い分けとしては、シーズン前半の中層狙いの時は向こう合わせでバレにくい胴調子の穂先で袖針の長めの5本針仕掛け(70〜80センチ台)。
シーズン後半で底狙いの時はアタリがわかりやすくて合わせやすい先調子の穂先で狐針の短めの5本針仕掛け(50〜60センチ台)の上の方の針をカットして3本針+オモリ下針1本。
てな作戦で来シーズンはトライしてみようかなと。

あ。仕掛けの長さはこれまたオイラの好み。ってか、オイラのレベルでは長過ぎると手前祭りや自分自身を釣ってしまうんですよ。(自爆)
中層狙いの時は長ければ長いほど広範囲の層をカバー出来るわけですから有利になります。
100センチ越えの仕掛けもたくさん出ていますよ。お好みで。
針の本数も5本くらいから10本以上付いてるのもあるので自分の技量に合わせていろいろと試してみてください。
針の本数もオイラの場合は少なめの5本針。
これまた同じ理由で手前祭りや自分自身を釣ってしまうので。
それと針がたくさん付いてるとエサ付けに時間がかかって手返しが悪くなるのでほどほどにした方がイイかなと。

って長々と書いてしまいましたが、少し禁断症状が緩和されたみたい。
オイラの独断的な考えで書いた文章なので、くれぐれも個人的意見の一つとして参考にして下さい。

雨も降ってるし早めに晩酌でも始めますか。


てなわけで、いきなり晩酌風景。

1.jpg

定番の3年物のリーズナブルな紹興酒と頂き物の中国の梅酒。
この梅酒、梅の他に枸杞(くこ)と山査子(さんざし)の実が加えられてるちょっと珍しい梅酒なんです。
紹興酒と梅酒の割合3対1で混ぜてロックで飲んでみました。
つまみはイカゲソとチャーシューとヤーコンの煮物にモズク酢。
例によってアンバランスなつまみですが美味しく酔えました。(^^)v

次回は釣行記が書けることを期待して、お休みなさい。m(__)m






nice!(0)  コメント(8) 
共通テーマ:地域
前の5件 | - 釣り・仕掛け・道具 ブログトップ